インプラントを長持ちさせるポイント

インプラントは治療して終わりではなく、むしろ治療をした後の過ごし方がインプラントを長持ちさせるために非常に重要です。
インプラント後の大敵、インプラント周囲炎を予防するために、自宅でセルフケアを欠かさずに行ったり、歯科医院による定期的なメンテナンスも行うようにしましょう。
どうしても磨くのが苦手な場所というのは誰にでも存在するので、自分の苦手な場所を知り、歯科衛生士のブラッシング指導を受けて改善していくのも大切です。

インプラントを長持ちさせるため、ここまでは結構聞くポイントだと思いますが、喫煙者の方は喫煙を控えることでもインプラントの寿命に関わりますので注意が必要です。
特にインプラント手術をした後からすぐに喫煙してしまうと、タバコに含まれているニコチンが血流を悪くし、インプラントの定着を阻害します。
またニコチンは免疫力を下げてしまうので、炎症を起こしやすい口腔内を作ってしまう他、唾液の分泌も減らしてしまうことで細菌も増えやすい環境となってしまうのです。
こうなると最初にご紹介したインプラント周囲炎になるリスクが上がってしまうため、インプラントを入れたら喫煙を控えるようにすることも、インプラントを長持ちさせるために重要なポイントとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る