インプラントのメーカーは日本で選べるものだけでも約30種類もあります。世界全体ではもっと多くのインプラントメーカーがあると言われており、インプラント治療をする上で、このインプラントメーカー選びは重要なポイントとなります。

インプラントメーカーを選ぶ時に一番気にしておきたいポイントが、一般的に広く普及しているメーカーかどうかです。
インプラントメーカーはメーカーによって規格が異なるため、別メーカーの部品を合わせて使えませんし、インプラントを外す際の器具もメーカーによって異なっていたりします。
そしてずっと同じ歯科医院に通える保証もありません。そのため、万が一の時のことを考えて、他の医院でも扱っている可能性が高いメーカーを選ぶことが大切です。

広く普及しているインプラントメーカーというと、ノーベルバイオケア社でしょう。
インプラントシステムを世界で初めて開発した歴史のあるメーカーで、日本だけでなく世界中で広く使われています。
豊富な種類のインプラントがあるため様々なケースに対応できるのも魅力ですし、アフターケアも充実していることから、一流メーカーとして多くの歯科医院が取り扱っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る