歯の検診で聞く「C」とは?

誰もが一度は歯科検診を受けたことがあると思いますが、その時に歯科医が「C1」や「C2」と伝えているのを聞いたと思います。
聞いている側はチンプンカンプンですが、これは虫歯の進行度合いを表しています。
Cの後ろに1や2などの数字がついていますが、Cの後ろにつく数字はO(英語のO)〜4の5段階で表され、数字によって虫歯の進行度が分かるようになっているのです。

Oは自覚症状が現れない初期中の初期の虫歯で、治療を行うよりもフッ素などを使って自然治癒に導くことが多いです。
1は歯の表面のエナメル質に小さい穴が空いてしまっている状態ですが、まだ経過観察状態になります。治療をすることもありますが、この状態なら痛みなく治療が可能です。
2の状態は、エナメル質よりも内側にある象牙質にまで虫歯が進行してしまっている状態です。自覚症状として、冷たいものや温かいものがしみるようになります。この段階になると、早めの治療が必要になってきます。
3の状態では、神経まで虫歯が進行してしまうため、何もしていなくても激しい痛みを感じるようになってしまいます。大きい虫歯になっているので治療にも時間がかかります。
4は最も虫歯が進行してしまっている状態で、最終的に抜歯が行われることも珍しくないです。

数字が大きくなればなるほど、虫歯が進行してしまっている状態になるので、早めに歯科に相談することをおすすめします。
ちなみに何も言われなかった歯に関しては、既に治療が終わっている歯か、現在は異常が見られない歯となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る