ほぼ無痛、ほぼ無出血の無切開インプラント

インプラントではメスを使った切開が当たり前、出血もあるというのが多くの方が持つイメージだと思います。
しかし最近ではメスで切らないインプラント治療があるのをご存知でしょうか。

この治療法はフラップレス術式と呼ばれ、事前のCT撮影を始めとした精密検査で埋入ポジションを確定させ、大きく剥離することなくインプラントを埋入できる最新のインプラント治療法となります。
歯茎を切開しないことで出血量も大幅に減らすことが出来、患者の精神的・身体的負担を最小限に抑えられるのが特徴です。

インプラントをどう埋め込むのかというと、出血・腫れの少ないパンチング形式が取られます。
埋入する部分の歯肉だけをパンチングで切り取るため、手術時間や術後の腫れも最小限に抑えることが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る