ホワイトニングの違いって?

歯を白くするホワイトニングは、歯の汚れ落としであるクリーニング、色素を分解して歯自体を漂白・脱色するブリーチングのことを指します。
クリーニングは歯の汚れ落としの他にも歯石や歯垢の除去が含まれます。
同じホワイトニングでもその方法や目的などが大きく異なるので、自分の希望に合わせたホワイトニングをするために、しっかりと調べてからチャレンジすることをおすすめします。

例えばブリーチングは漂白に使う薬剤に劇物が含まれているため、歯科医師や歯科衛生士にしか取扱えません。つまり、歯科医院でしか行なえないということです。
一方でクリーニングは歯科医師や歯科衛生士以外でも行なうことが出来ます。身近なもので言うと、ホワイトニング効果を謳う歯磨き粉もクリーニング行為にあたります。

歯科医院やサロンでホワイトニングをする際には、クリーニングかブローチングか、どの程度白くなるかや持続期間、料金などを総合的にみて決めるのが、失敗しないためのポイントでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る