インプラントをした方に、入れ歯と違う部分を聞いてみると、多く回答があるのが「食」に関する事です。

入れ歯の特性上、力一杯何かを噛むとなると歯茎への負担が大きくなってしまい、強い痛みを伴う事も珍しくありません。
噛む力も、20%〜30%まで低下してしまうので、人によっては普通のご飯ですら噛むのが困難になってしまいます。
しかし、インプラントですと、自分の歯のように使えるので、入れ歯よりも格段に食べたい物が食べられます。
噛む力に関しても、入れ歯の2倍以上を発揮出来るため、固い物でも自然と食べる事が出来ます。

更に食以外の日常生活にも影響があります。
入れ歯の場合、外れてしまうという心配から、常にお口の中の違和感に悩まされてしまいますが、インプラントですと、審美的な面、機能的な面で違和感無くお使い頂けるのが特徴です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る