自分の歯で一生を過ごすのに最も大切なのは、毎日の歯磨きです。
しかし、毎日ちゃんと歯を磨いているという方でも、正しい歯磨きが出来ていると胸を張れる方は少ないのではないでしょうか。
ぜひ今回の紹介で、歯磨きを見直してみてください。

正しい歯磨きの仕方

インプラント
まず基本中の基本、歯ブラシの持ち方です。
ペングリップと呼ばれる、ペンを持つ時の様な持ち方が最も好ましいとされています。
この持ち方は力が入りにくいので、歯や歯茎を傷付けず磨けます。

そして磨く時のブラッシング圧も大切な要素です。
しっかりと磨こうとして、力を入れてしまう方は多いと思いますが、毛先が潰れるくらい力を入れる必要はありません。
プラークは糊の様なものなので、優しく磨くだけでもちゃんと落とせるから、毛先が折れないくらいの力で磨くのがオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る