出来るだけ神経を残す治療「MTAセメント」

大きな虫歯になってしまうと、最悪神経を抜かなければならなくなってしまいます。
神経が無くなった歯は非常に弱くなってしまい寿命が短くなるので、深い虫歯でも出来るだけ神経を残せる治療が望まれています。
そこで今回は、極力神経を残したい時に行なわれる、「MTAセメント」と呼ばれる治療法についてご紹介いたします。

MTAセメントとは歯科用の水硬性セメントで、歯髄付近まで広がってしまった虫歯治療の際、露出した歯髄・神経を保護するために使われます。
多くの細菌が死滅する強アルカリ性を示しているため、高い殺菌性を備えているのが特徴です。
虫歯が歯髄に到達、接近していた場合でもMTAセメントで覆えば、その高い殺菌性により神経を保存できる可能性がグッと高まります。

治療法としては、まず歯の虫歯を全て取り除いた後、MTAセメントを神経のある空いた穴に詰め込みます。
その後さらに歯を保護するセメントを詰めたらセメントの表面を滑らかに磨いて終了です。
セメントの色は歯と殆ど変わらない色ですので、審美性にも優れています。

もちろんデメリットもいくつかあります。
まずは、あまりにも歯髄の奥深くまで進行してしまった虫歯の場合には治療の対象外です。また、MTAセメントは高い確率で歯髄を残せる治療法ですが、必ず残せる訳ではないので、場合によっては最終的に歯髄を取り除く必要がでてきます。
更に保険外治療になるので、治療費も全負担になってしまう点には注意です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る