歯や歯茎の病気のほとんどは歯に付着した汚れが原因です。
この歯の汚れは「歯垢」や「歯石」と呼ばれますが、もちろんこの2つはそれぞれ別の汚れを指しますので、覚えておくと歯のケアに役立ちますよ。

歯垢(プラーク)は、歯の表面に付いている色んな種類の最近の塊のことです。
乳白色なのでじっくり歯を観察していないと中々気付きませんが、1mgの歯垢の中には2〜3億個の細菌がいるといわれています。
これらの細菌は酸や毒素を排出し、歯を虫歯にしたり、歯周病を引き起こしたりします。

一方で歯石は、この歯垢に唾液に含まれるカルシウム等の成分が付着して石灰化したものになり、歯周病を悪化させる大きな原因です。
歯垢は毎日の歯のケアでも取り除くことが出来ますが、長期間放置してしまい歯石になると自分では取り除けず、歯医者での除去をする必要がでてきます。

歯の定期健診ではこうした歯石除去も行なってもらえますので、歯の健康の維持には歯医者でのケアが欠かせないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る