自然療法で歯をケアするいくつかの方法

歯のケアの目的として、虫歯や歯肉炎、口内炎などを予防することがあげられますが、中には市販されているものを出来るだけ使わずに自然療法で歯をケアしたいと考える方もいるでしょう。
今回はそんな方の為に、自然療法で歯をケアするいくつかの方法をご紹介します。

まずは日常生活で気をつけたい部分ですが、砂糖の摂取を最低限にして行くことが大切です。
砂糖は口内を歯の疾患が起こりやすい酸性にしてしまうためです。砂糖はハチミツやメープルシロップなどで代用できるので、甘みを追加したいときはこれらの素材を使うと良いでしょう。

また、歯磨きの時に使う歯磨き粉も厳選します。
市販の歯磨き粉の殆どが化学物質が大量に含まれている為、自然療法をしたい人には向きません。
とことん自然療法をするのなら、歯磨き粉は天然素材にエッセンシャルオイルなどで風味を加えた自家製の歯磨き粉がベストでしょう。
材料は口内用のホワイトクレイ、重曹、セイロンシナモン、乾燥させたミントの葉を細かくしたもの、ステビアの粉となります。
これらを混ぜるだけで自家製の天然素材を使った歯磨き粉になるので、ぜひ一度試してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る