歯医者はやらない?歯に危険な行為とは

普段、当たり前のようにやっていることが、実は歯に危険なことだったという場合がありますので、もし該当していることがあれば気をつけましょう。

歯は食べ物を食べる時に使いますが、それ以外に硬い蓋や袋を歯で開けたり、歯で物を咥えて持つという行為は、歯を傷つけたり痛めている可能性がありますのでやめましょう。

暑い日に、冷たい氷を噛むという人も多いかもしれませんが、硬い氷を噛むのは歯が欠ける原因になりますのでオススメできません。

さらに、運動や熱中症対策で重宝されているスポーツドリンクは、添加物や糖分が多く含まれているため、歯のエナメル質を傷つけてしまい虫歯の原因となるのです。

お菓子の飴も、糖分がたっぷり含まれていますので、虫歯になりやすいですから注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る