歯が痛い時にやってはいけないこと

歯が痛いと感じる時は、ついその歯が気になってしまい仕方なくなってしまいますが、今回ご紹介することをやってしまうと余計悪化してしまう事もあるので注意してください!

例えばやってしまうという方も多いのが、どの歯が痛いのかを特定する為に歯を一つ一つ指で叩いていってしまう事です。
痛い歯を刺激を与えてしまうと、歯の状態によってはより強い痛みを感じてしまう可能性もあります。

また、痛みがある時は炎症を起こしてしまっている可能性もあるので、血行を良くするアルコールなどは摂取しないようにしましょう。
血行が良くなると痛みがより強く感じてしまいやすい為です。アルコールで痛みを忘れようと思ってもかなりの量を飲まないといけませんのでやめましょう。
血行がよくなるという点で考えると、運動やお風呂も挙げられるので、これらも出来るだけ控えるようにしてください。

そして最後に、食事などで噛む必要がある時は、痛みのある方とは逆で噛むようにしましょう。
歯の痛みが出たらとにかく安静にして、出来るだけ早く歯医者に行くようにしてくださいね。

https://youtu.be/mjT6DtNwLIY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る