インプラントは半永久歯として、歯が部分的に無くなってしまっている方に注目されている治療法です。

メリットはいくつかありますが、その中でも最大のメリットといえるのが、天然歯と同じ感覚でしっかり噛んで食事を楽しめると言う点でしょう。
入れ歯などでは噛む力は従来の半分以下にも下がってしまい、人によってはご飯ですら噛む時に痛みを感じるということもあります。
インプラントは天然歯とほぼ変わらない力で噛む事ができますので、好物を我慢する事無く、今までと変わらずに食事を楽しめます。
しっかり噛めるという事で、誤飲性肺炎の予防や認知症の予防にも効果があります。

また、従来からあった治療法では、例えば部分入れ歯だったらバネを他の歯に×必要があったり、ブリッジなら健康な歯を削る必要があったりと、他の歯にも負担がかかっていました。
しかし、インプラントは残っている歯に対して負担をかける事が無いので、自分の歯を守る事にも繋がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る