日本人の歯は海外の人達と比べてあまり健康的ではないということが昔から言われています。
これは日本人の大半が歯に痛みなどの症状が起こってから歯医者に行くのに対し、外国人は歯に症状が無くても定期検診に通っている割合が多いためです。

歯が悪くなる原因の多くは毎日のケアが不十分であったり、生活習慣によるものとされています。
自分ではしっかり歯を磨いているつもりでも、少なからず磨き残しというものは発生してしまいますので、そうした溜まった汚れを定期検診で取ってもらうことが重要です。

こうした汚れを定期的にとってもらうことで口臭予防にもなりますし、何よりも虫歯や歯周病のリスクがグッと下がるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る