虫歯や歯周病にならないためには、日頃からの歯磨きが大切ですが、歯磨きの方法が間違っていると効果が得られませんので、今回は正しいブラッシングについてご紹介いたします。

タバコを喫ったり、普段から飲んでいるお茶やコーヒーなどにより、歯の表面に色素成分が沈着して着色汚れを発生させていますが、それらの対策を怠ると、歯が黄ばんで見えることがありますよ。

着色汚れを落とすためには、毎日の歯磨きが必要なので、歯ブラシの先端を歯に直角に当てて、小刻みに振動させるように動かしましょう。

歯の表面などを綺麗にするという気持ちで丁寧に磨いていき、磨き忘れがちな歯の裏側や奥、歯の溝なども歯ブラシを上手に使って磨きましょう。

歯磨きは、歯茎のマッサージもできますので、より健康的な歯で食事を楽しむことができるのです。

http://youtu.be/VuaDw5yhKVo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る