知っておきたい、親知らずの抜歯の知識

親知らずが生えてしまったら、痛い治療を受けて抜歯しなければならないと考えている方も多いかもしれませんが、親知らずとはどんなものか知っていますか?

親知らずとは、奥歯よりも奥の部分に生えてくる臼歯であり、個人差がありますが主に10代後半から20代後半と言われていて、真っ直ぐ綺麗に生えている場合には抜歯の必要はありません。

生え方も様々ありますが、真横や斜めに生えてしまった場合には、歯科医院で治療を受ける必要があり、他にも虫歯になっていたり、痛みや腫れが酷かったり、他の歯に悪影響を及ぼす恐れがある場合には抜歯しなければなりません。

治療が怖いからと言って親知らずを放置していると、口臭の原因になったり、虫歯や歯周炎になってしまう可能性がありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る