歯に詰める詰め物について

歯に詰める詰め物には、金属の詰め物である銀歯、ゴールド、そして白いプラスチックの詰め物、最後に同じように白いセラミックの詰め物があり、その中からどれにするか選ぶことになります。
しかし、詰める歯の場所や役割によって適切な詰め物と不適切な詰め物があるのです。

例えば奥歯は食べ物を噛み切る役割がありますので、力のかかる部位となります。
そうするとプラスチックの詰め物では強度が足りないので、奥歯にプラスチックの詰め物は不適切なのです。
逆に奥歯に適切な詰め物は、奥歯の凸凹がすり減りにくい金属ということになります。
どうしても審美的に気になるという場合にはセラミックで対応してもらえることもありますが、セラミックの詰め物は強い力が加わると割れやすいという欠点があるため、噛む力の強い方は金属一択になってしまうでしょう。

前歯に関してはそれほど強い力を必要としませんし、審美的にもより気をつけたい部分でありますから、プラスチックやセラミックの白い詰め物で直しても問題ありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る