歯の抜き方でインプラントの予後が決まる?

歯を抜く理由は大きな虫歯が出来てしまった場合や、歯を支えていた顎の骨が無くなってしまった場合、もしくは外からの衝撃で前歯が割れてしまった場合等、様々な理由があります。

抜歯した後、その場所にインプラントの埋入を考えている場合には、抜き方によってインプラントの予後が変わるので注意が必要です。
もし、ただ歯を抜くことだけが目的なら、歯を支えている顎の骨を削っていくことで抜けやすくなります。
しかし、顎の骨を削ってしまうと顎の骨の量が少なくなってしまいますので、万が一その後インプラントを入れるとなると安定したインプラントを打つことが出来なくなってしまうのです。

事前にインプラントのことも考えている旨を伝えれば、顎の骨を削らない抜歯方法をとってくれるので、十分に医師と相談してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る