歯科のクリーニングは虫歯治療の後等にも行なわれることが多いですが、その時に行なわれるものは保険が適用されるクリーニングです。
しかし、歯のクリーニングには保険が適用できない、つまり自費になってしまうものもいくつかあります。

それぞれの違いは目的です。保険が適用できるクリーニングは虫歯や歯周病予防を目的としていて、スケーリングや歯石取りがこれにあたります。
一方で自費で行なうクリーニングは審美目的で、PMTCや歯垢、着色汚れの除去が基本的な内容です。

一般的に歯の健康に直接関係することに関しては保険、歯の美しさなどの健康に直接的に関係ないのは自費で行なうことになります。
自費治療に関しては勝手にやられることはありませんので、希望する場合は申告する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る