乳歯の虫歯は永久歯に影響する

乳歯が虫歯になってもどうせ永久歯に生え変わるし大丈夫、と思ってしまっていませんか?
しかし、実は乳歯の虫歯が永久歯に与える影響は非常に大きいのです。

乳歯が虫歯になった初期段階では、永久歯とは違い少し表面がくすんで見える程度なので、中々虫歯になっていることに気付きにくいだけでなく、エナメル質も永久歯より薄いので虫歯の進行も早いです。

このことから、乳歯が虫歯になってしまうと気付いた時には既にかなり進行している状態であることが多く、神経にまで虫歯が進行してしまっていると、乳歯の下で生える準備をしている永久歯に神経を通じて虫歯菌が移ります。
そうすると、その永久歯は虫歯になりやすい永久歯となってしまうのです。

また、虫歯によって早く乳歯が抜けてしまうと、その空いたスペースに両サイドの乳歯が移動をしてしまい、本来そこに生えるはずの永久歯が正常な位置に生えなくなります。
そうなると、今度は歯並びが悪くなってしまう原因にもなってしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る