矯正用マイクロインプラント

例えば矯正を行なう時、前歯の抜歯後のスペースが空いていると、奥歯がそのスペースに出てきてしまいます。
それを防ぐ為に顎の歯茎に小さなスクリューを直接埋め込んで対処するのが、歯科矯正用マイクロインプラントです。

このマイクロインプラントを埋め込んだ後、前歯に直接引っ張る力をかけることで、奥歯との力の引っ張り合いになる事無く、一方的に前歯を後ろに下げてくることができます。
そうすると抜歯で出来たスペースを無駄にせずに、前歯を後ろに下げられるのです。

このマイクロインプラント矯正は通常の矯正治療と同時に行なわれることが多く、これを取り入れることで歯の安定が取り易く、治療期間を短縮できる場合もあります。
通常のインプラントは歯として使っていくのでずっと装着していますが、こちらはあくまでも矯正に使う為に装着するので、矯正治療が終われば取り外すことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る