何らかの原因で無くなってしまった歯の代わりを作る治療法として、ブリッジやインプラントが挙げられます。
様々な事情があると思いますので一概にどちらが良いとは言えませんが、ブリッジとインプラントのどちらに使用か悩む方は多くいらっしゃるのも事実です。
もし悩んでいるのならインプラントにするか、ブリッジにするかの1つの判断目安として、両脇の歯の神経の有無を確認してください。

ブリッジとは抜けた歯の両脇の歯を土台にすることで、架け橋のように新しい人工歯を設置する治療法です。
入れ歯のように取り外しの出来るものではなく固定するため、見た目や使い勝手も自分の歯に近い感じでお使いいただけるのが特徴となります。
しかし、土台にした両脇の2本の歯は、それぞれ3本分の歯にかかる負担や衝撃を支えなければなりません。
もし土台になる歯が神経を抜いてしまっている歯であったら、その歯は非常に脆くなってしまっているため、衝撃や負担に耐えきれずに割れてしまうことがあります。

その点から、土台にする歯のいずれかだけでも神経を抜いてしまっている場合には、インプラントの方を考えた方が良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る