歯の表面にはまずエナメル質があり、続いて象牙質と呼ばれる層があり、ここまでが一般的に言われる「歯の表面」にあたる部分になります。
中は毛細血管や神経が走っている空洞となっているのが歯の大まかな構造となっているのです。

第二層である象牙質にまで虫歯が進行してしまうと、深い部分まで虫歯が達してしまったと言えます。
虫歯の話に限ると象牙質はエナメル質も非常に弱く、歯の表面から見たらそこまで大きく穴が開いていないとしても、象牙質には広範囲に虫歯が広がってしまっていることも珍しくありません。

またこの象牙質が虫歯によってある程度のダメージを受けてしまうと、歯が痛んだり染みたりするという自覚症状が起こるようになります。
自覚症状が出てしまうようになると自然治癒は困難ですから、歯科医による治療が必要になってくるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る