虫歯にはその進行度や重症度に応じて様々な治療方法が用意されています。

まず初期虫歯の治療だと、虫歯を削ってレジンと呼ばれる詰め物を詰めたり、型を取って被せ物を被せることになります。
神経に達してしまった虫歯に関しては神経を取り除き、中の治療をした後最終的にお薬を詰め、最後は同じように被せ物を被せます。

それ以上の重い虫歯になってしまうと一般的には抜歯で対応されるのですが、歯を出来る限り残すことを推奨している歯科医ですと歯根の治療を徹底的に行ない出来る範囲で歯を残して被せ物で対応する場合もありますので、歯を残したいと考えている方は相談してみてください。

またC0と呼ばれる白墨状態になっている場合は、まだ虫歯の症状もない穴も開いていない状態ですので、フッ素の取り込みや歯磨きに力を入れるなどの処置だけでも虫歯を治せる可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る