インプラントの種類 「1回法」「2回法」って?

インプラント治療の方法自体は多くあるのですが、現在の主流となっているものを大きく分けると「1回法」と「2回法」と呼ばれるものになります。
それぞれ名前からご想像頂ける通り、「1回法」はインプラントの埋入を1回の手術で行なう方法で、「2回法」が2回の手術を要するものとなります。

ここで疑問に思うのが、1回で埋入できる方法が確立されているのなら、わざわざ2回に分けて手術を行なう必要は無いのではないかということでしょう。
なぜ2回法があるのかというと、インプラント埋入予定の周囲に常に骨がある訳ではないからです。

周囲に骨が無くても1回法での埋入は可能ですが、感染症を発症してしまったり、骨が無い事でインプラントがくっつきにくくなってしまうリスクがあります。
2回法ではこれらのデメリットに対応してインプラントを安全に埋入でき、日本ではどちらかというとこの2回法の方が多く行なわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る