現在、歯を失った時の治療法として、「入れ歯」、「ブリッジ」などがあります。
ですが、これらの治療法にはいくつかの問題点もあります。
見た目の悪さや、違和感、歯への負担等です。
そこで、最近は「インプラント」にする人も増えています。

インプラントとは、失った歯の代わりに人工の歯の根を埋め込み、そこに人工の歯を作る治療のことです。

それぞれの治療の特徴としては、
「入れ歯」の場合は、治療は簡単ですが、違和感が大きく顎の骨が痩せてくる。
「ブリッジ」の場合は、違和感は少ないが、他の歯への負担が大きい。

「インプラント」の場合は、見た目が自然で、かみ合わせが良く、周りの歯への負担がかからなく、顎骨の痩せを防ぐ。というメリットがあります。
インプラントにすると、手術が必要なので費用はかかってしまいます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る