磨き残しをセルフチェックする方法

少しでも磨き残しがあると、そこから虫歯になってしまう可能性もあるので、出来る事なら磨き残しを無くしたいと思うのが一般的だと思います。

自分で磨き残しがあるかどうかを判断するのなら、自分のベロで歯を触ってみるのが一番分かり易いチェック方法でしょう。
触ってみてツルツルなら綺麗に磨けている、ザラザラしていたりぬめりが残っていたりすると磨き直す必要がある歯となります。
どうも感覚がイマイチ掴めないならば、歯を磨く前にベロで歯を触ってみて、どんな感触が磨いていない歯なのかを確かめてみると分かり易いと思います。

細かい部分はこれだけだと分かりにくいと思いますが、大まかな磨き残しを発見する事が出来るので、歯磨き後はちょっとベロで確認する時間を作ってみても良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る