抜歯直後にインプラントをすることの危険性

通院回数や金銭的・身体的負担を考えると、抜歯直後にインプラント治療も行なってしまいたいというのは多くの方が思う事だと思います。
ですが抜歯した日にインプラント治療を行なうというのは大きな危険性を含む事なので、普通は行なわれません。
というのも、歯が炎症ではなく感染していた場合、その感染が骨にまで行ってしまっているとそのままインプラント治療をしてしまうのは非常に危険だからです。

しかし、近年では抜歯当日にインプラント治療を行なう『抜歯即時埋入法』という方法が存在しますので、歯や骨の感染が無いという事が確認できた場合は、この抜歯即時埋入法で抜歯当日にもインプラント治療が可能となっています。
また歯のみの個別感染という場合にも、その場所を適切に処置した後に即時埋入が可能という場合もありますので、歯科医院に相談してみるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る