虫歯ってどんな病気なの?

一言に虫歯と言われても、正確にはどのような病気なのか、そして健康にどのような影響を及ぼすのかはあまり知られていません。
しかし、歯の健康は体全体の健康に大きく影響しているのです。

虫歯は歯にいる細菌と、糖分が歯に付着することで虫歯になりやすい歯質になることから引き起こされると言われています。
甘いものを食べて糖分が歯についた時、元から口内にいた細菌がプラークと呼ばれる歯石を作り出します。
このプラークの糖分が分解されると酸が発生し、その酸によってエナメル質が溶け出すのが虫歯の初期段階です。
この初期段階では自覚症状がほぼありませんが、進行するにつれて冷たい物が染みたり、硬い食べ物を食べた時に痛みを感じるようになります。

虫歯を防ぐ為には、正しい歯磨きをする以外にも、規則正しい食事をする事や、糖分を控える、そして定期検診に行くということが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る