最新インプラント「ノーベルガイド」とは?

インプラント治療は外科治療であるため、どうしても患者に対する精神的・肉体的負担が大きくなってしまいます。
そこでおすすめしたいのが、最先端のインプラント「ノーベルガイド」という手術法です。

このノーベルガイドは歯茎を切らないインプラント手術で、患者に対する痛みを最小限に抑える事が実現しています。
本来のインプラント手術ですと、インプラントを埋め込む場所を決めるのに歯茎を切って確認し、そのまま決まった位置に埋め込んでいました。
ノーベルガイド法では事前にCT撮影を行い、それを元に埋め込む位置を決めておきます。
決まった位置を「ノーベルガイド」と呼ばれる器具に転写してインプラントを埋め込みますので、歯茎を切らずにインプラント手術が出来るというわけです。
痛みが無いのはもちろんですが、手術時間も大幅に短縮できることや正確性の高さ、短期治療の実現など、他にも多くのメリットがある方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る